『ヒーローショー』

b0109481_250309.jpgジャルジャルさん主演、井筒監督『ヒーローショー』、もうすぐ終わってしまうので、駆け込みで観てきました。渋谷のシアターN。

感想。……お、重い(A^^;

M-1グランプリを目指しているお笑い芸人の卵ユウキ(福徳さん)と、元自衛官で配管工をしている勇気(後藤さん)。二人はある事件に巻き込まれ、出会うのですが…。

あ、ミルククラウンのジェントルさんも出ていました! 目がイッちゃっててコワイ役を、うまく演じていらっしゃいました。ていうか、登場している若者役の男の子達、福徳さんをのぞいて、全員コワイ…いえ、もとは、そんなワルイ子らやないんですが、「目には目を」を繰り返しているうちに、誰もがまるで悪魔が乗り移ったかのような行動に走り、止められなくなる。そんな彼らがコワイ…(--;)
これでもか、これでもかって感じの暴力シーンが続きます。
基本、バイオレンス映画は苦手なので、前半は、どうしようかと思っちゃいました。

しかし後半は救いが......あるのかと思いきや、どっこいそうはいかずー(A^^;
ところどころに、ほっと心あたたまるシーンや、胸がきゅんとする場面はあるものの、甘っちょろい解決にはもっていかずに、なんともやるせないまま、映画は終わるのでありました。
これが現実なのだ、と見せつけるように……。

監督の、目をそらさずに現代社会を見据え、描き、それを観客に突きつけるのだという、マジ度というようなものが、びっしびっし伝わってくる、ヘビーでハードな映画でした。

ジャルジャルさんのライブ、来月は、「やりすぎフェスタ<ジャルジャル座長>」にいく予定です(^-^)/

by makisetsu | 2010-07-04 02:50 | 映画・舞台の感想など | Comments(0)  

<< ノーマン・ロックウェル 平成ノブシコブシさん >>