『I Love スヌーピー』

今週はじめ、いってきました。スティーヴ・マーティノ監督『I Love スヌーピー』。109シネマズ二子玉川。
脚本は、『ピーナッツ』の原作者チャールズ・M・シュルツの子クレイグ・シュルツと、その子ブライアン・シュルツらが担当。音楽は「アナ雪」のクリストフ・ベック。
おなじみのキャラクターが活き活きと動きまわるのを見ているだけで、心がほっこりするアニメーションです。

b0109481_20421016.jpg転校してきた赤毛の女の子に恋をするチャーリー・ブラウン。彼女にいいところをみせようとあれこれがんばるのですが、肝心なところでコケてしまうのはいつものこと…果たしてチャーリーの思いは、彼女にとどくのでしょうか…。
さてスヌーピーは、今日も犬小屋の上で空想の翼を羽ばたかせています。飛行士フライング・エースになりきった彼は、宿敵レッド・バロンをやっつけるため大空へと飛びたちます。恋するパリジェンヌのプードル、フィフィと空の大冒険! 
この場面、みていて自分も空を飛んでいるような気分(3Dで見たので特に!)になり、とても楽しかったです(*^_^*)

ところでシアターのポスターに落書きが?…と思ったら、チャーリー・ブラウンの鈴木福くんはじめ、吹き替えをしている子役さんたちのサインでした(^O^)>
赤毛の女の子は芦田愛菜ちゃん、チャーリーの妹サリーが小林星蘭ちゃん、ルーシーが谷花音ちゃん、いやー、みんな達者だわ~、かわいらしさに加えて、マジうまかったです。

吹き替えといえば、むかしテレビアニメでのチャーリー・ブラウンの声が、谷啓さんだったときがありました。クレージーキャッツでは谷啓さんがいちばん好きだったなあ。とぼけた味がなんともいえずよかったですし、芸名がダニー・ケイのもじりというのもおしゃれ~♪ 学生時代、シングルレコードで谷啓さんの『愛してタムレ』と『ヘンチョコリンなヘンテコリンな娘』というのを買ったのを覚えています。あのレコード、どこにあったかなあ…。CDとレコードとDVDの整理、春休みになったらしなくちゃ…というようなことも毎年いっていますが(笑)来年こそ!

ところで「有吉のお笑い大統領選挙2015冬」、「第3代お笑い大統領」にジャルジャル後藤さんが選ばれてよかったです(^0^)v

2016ねん、みなさまに、どうかたくさんの「福」がおとずれますように!
心よりお祈り申し上げております(^-^)/☆☆☆☆☆

by makisetsu | 2015-12-31 20:54 | 映画・舞台の感想など | Comments(0)  

<< HAPPY☆NEW☆YEAR 『うるう』ふたたび >>