『FAKE』

b0109481_2243471.jpg今年ももう半分がすぎてしまいました。
いえまだ半分もあるじゃないですか。
同じ状態でもとらえ方によって、モノゴトはぜんぜんちがってきます。

先週観てきました。『FAKE』。森達也監督。渋谷ユーロスペース。

あのゴーストライター騒動後、バラエティ番組にひっぱりだこの新垣隆氏。芸人さんにいじられるときの、氏の不器用っぽい(?)リアクションてチャーミングだわん、と私は思っていますが…。

『FAKE』は、そんな新垣氏とは対照的に、騒動後、奥さんといっしょにひっそりと暮らしている佐村河内守氏の日々を撮影したドキュメンタリー。

ウソってなに…? ホントウってなに…?

ウタガウってなに…? シンジルってなに…?

ひとつのデキゴトでも、見方によってぜんぜんちがうものになります。
なにがウソでなにがホントウか、デキゴトを起こした当事者たちにもホントウはわかっていないのでは?…映画を観ながらそんなことを考えてしまいました。
「FAKE」ってタイトルがいいなあ。みーんなFAKEなんだぜ、このドキュメンタリー自体もね、なんてことを思わせてくれる、すごくおもしろくて、すごくモヤモヤした映画でした。

印象的なシーンは幾つもあります。
佐村河内氏に出演のオファーに来る、テレビ局のスタッフの人達。
断ったその番組に新垣氏が出演していて…それをテレビで見る佐村河内氏と奥さん…。
取材にきた海外メディアの人の容赦ない突っ込んだ質問に、押し黙ってしまう佐村河内氏。
佐村河内氏のご両親の思い。
終盤、あるものを創りあげた佐村河内氏がポツリと言う「こんなん」ということば。

そういったシーンに比べるとなんてことないところかもしれませんが、私がいちばん好きだったのは、こんな場面でした。
奥さんがハンバーグを焼きます。目玉焼きも添えて食卓に。
奥さんが食べ始めても佐村河内氏は食べようとせず、コップに注いだなにかをごくごくと飲んでいます。どうして食べないのかと森監督が訊ねると、豆乳を飲んでいるからだと。
けっこう大きめの豆乳のパックが卓上にあって、それを全部飲みきってからごはんを食べるのだと。でも豆乳でけっこうおなかがふくれてしまうという佐村河内氏。
だったら別にパックを飲みきらなくてもいいと思うのですが(笑)
「豆乳が好きだから」と無邪気な感じで言っている氏が、なんだかかわいらしかったです。

森監督の著書『王様は裸だと言った子供はその後どうなったか』(集英社新書・2007年発行)に、こんな文があります。
―映像の編集は新たな事実の創出に等しい。もちろんドキュメンタリーだって例外じゃないし、文章だって同様だ。さらに荒業もある。省略だけではなく、時系列の入れ替えだ。十五分前の「だから」に今この瞬間の「僕はそう思う」を繋げることも、映像の場合は可能だ。ならばこの時点でやりたい放題、もはや思いのままだ。そもそも、取材や撮影は現実に大きなバイアスを与える。記録された映像や文章は、カメラや取材者が介在することで、大きな影響を受けた事実なのだ。―

『FAKE』。
めっちゃおもしろくて、めっちゃモヤモヤした映画でした(^-^)/

by makisetsu | 2016-07-02 22:29 | 映画・舞台の感想など | Comments(2)  

Commented by たこみ at 2016-07-06 07:29 x
こんにちは。

佐村河内氏、ゴーストライター事件は衝撃的でしたが、手のひら返しで叩かれたりパロディでお笑いのネタにされたりしているのを見ると「なんなんだろうなぁ」と思ってしまいました。

実は、大学の授業で「赤い靴」の作品について調べているのですが、読んでいて気になったことがあるのでよろしければご回答お願いします。
ダブル万引き事件の日に万引き記念日と言い真央のお母さんがピザを注文する(させる)場面で、ピザを注文する意味について考えました。万引き「記念日」というだけに、真央の万引きを肯定的にとらえて一皮剥けたお祝いという意味合いが込められているように自分は考えたのですが、どうでしょうか。(だとしてもデリバリーじゃなくて手料理を作れよと個人的には思ってしまいますが。)
それから「レモンハウス」についても気になりました。真央が万引きしたスーパーは特に名前も出されないのに対して、「レモンハウス」は「そこ」や「店」と言い換えた方が自然に思われるところでも「レモンハウス」と書かれているので強調されているように感じました。何か意図があるのか、それともゆかりの店か何かなのでしょうか。

お忙しい中、いきなり比較的過去の作品についての質問で大変恐縮ですが、ご回答頂けましたら幸いです。
Commented by makisetsu at 2016-07-09 09:46
はじめまして、たこみさん。回答が長くなったので、次の記事として掲載しますので、ご覧になってくださいね。ではでは(^-^)/

<< 「赤い靴」についてのご質問の答え 糸 >>