牧野節子プロフィール

b0109481_0313581.jpg<牧野節子プロフィール>
東京生まれ。日本大学芸術学部放送学科卒。卒業後、電子オルガンやピアノの教師をしながら、童話や小説の創作にはげむ。

1989年、毎日新聞社「小さな童話大賞」を、童話「桐下駄」で受賞。1992年、中央公論社(現・中央公論新社)「女流新人賞」を、小説「水族館」で受賞。以降、作家に。

現在、白百合女子大学、共立女子短期大学、武蔵野大学、駒澤大学、日本大学芸術学部、群馬県立女子大学で講師をつとめるほか、NHKカルチャー青山教室で「童話・お話の書き方」を開講している。(青山教室HPの講座のカテゴリ「文章・文芸」→「文章」のところをご覧ください)

また、通信講座として、日本児童文学者協会の「実作通信講座」もおこなっている。

日本文藝家協会会員。日本児童文学者協会会員。
著書に、『ぽっぷ』『めろんちゃんのマジックギョーザ
めろんちゃんのメルヘンケーキ』『めろんちゃんのドリームカレー』『さびしくないよ 翔太とイフボット』『キラメキ☆ライブハウス1』『キラメキ☆ライブハウス2』(以上、岩崎書店)
極悪飛童』『グループホーム』(以上、文渓堂)
星にねがいを』(偕成社)『乗り合いUFO』(大日本図書)
パパは落語家じゅげむでラップ』『ねえちゃんはプロレスラー』『とうさんはコケッコかんとく』(以上、国土社)『はばたけスワンベーカリー』(汐文社)
『童話を書こう!』『童話を書こう!実践編』(以上、青弓社)
今すぐ作家になれる楽しい文章教室-創作ができる』(教育画劇)
いじわる退治ひみつ組』『パパが消えた?』『生きる力を育てる絵本』シリーズ全5巻(以上、学習研究社)
b0109481_21364536.jpg『夢見るアイドル』シリーズの『夢見るアイドル①』『夢見るアイドル②』『夢見るアイドル③』(角川つばさ文庫)『空色バレリーナ』(カドカワ学芸児童名作)
お笑い一番星』(くもん出版)
童話を書こう!完全版』『子や孫に贈る童話100』(青弓社)『あぶないエレベーター』(岩崎書店)
サイコーのあいつとロックレボリューション』などがある。
この他、共著も多数。

小さい頃から現在にいたるまで、芸能大好き。
一生ミーハーだろうと自認している(^0^)/ ♪
(2016年6月・更新)

by makisetsu | 2003-12-08 01:11 | 牧野節子プロフィール | Comments(5)  

Commented at 2009-06-27 22:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by はむ at 2009-07-12 11:44 x
「あかいくつ」について、作った時の思いなど色々教えて下さい!
今度授業で調べるので・・・。
hamu_2635@yahoo.co.jp
Commented by 牧野節子 at 2009-07-13 13:34 x
はむ様
私の作品が掲載された本をつかっていただいてる授業を履修なさっているのかしら? いまちょっとばたばたしているので(A^^;数日中にこちらの欄でお返事させていただきますね。
Commented by 牧野節子 at 2009-07-14 23:15 x
はむ様

私はいつも、「何か悩みを抱えている子」の味方になりたい、そういう子に少しでも元気を与えることができたらいいなあ、という思いから、作品を書いていることが多いです。
「赤い靴」を含む『星にねがいを』もそうです。主人公の女の子真央はママとふたり暮らし。そのママは、問題児ならぬ問題ママ(笑)。真央は友達関係でもトラブル続出。そんななかで、あれこれ葛藤しながら、なにかに気づいていく、なにかを見い出していく、そういう真央の姿を描きたかったんですね。

なお、先日天に召されたマイケル・ジャクソンを私は好きでしたので、「赤い靴」にも彼の名を出しましたし、『星にねがいを』のあちこちにマイケルの名前を出しています。
私は音楽・芸能が大好きですので、それを作品に生かすことが多いですね。

あと、図書館員の方が書いてくださってると思われる「7冊の本」というページがあって、それに『星にねがいを』も載っているので、参考になるのではと思います。「7冊の本 星にねがいを」で検索してみてください。

はむさん、レポートを書くのかしら? がんばってね!

Commented by はむ at 2009-07-16 14:06 x
お忙しい中、ありがとうございます!!
なるほど、参考にさせて頂きます。
これからも楽しく読ませて頂きたいと思います^^

<< いらっしゃいませ 講演・創作指導などのご依頼は >>