カテゴリ:お笑い・TVの感想など( 126 )

 

キングオブコント2017

かまいたちさん優勝! これで東京の単独ライブなども増えたら嬉しいです。

ジャンポケさんとさらば青春の光さんの1本目のコントもおもしろかったなあ!

ところでジャルジャルさんが決勝大会にのこらなかったのはざんねんでしたが、10月は単独ライブ「JARU JARU TOWER」をみにいきます。楽しみ~(^-^)/


by makisetsu | 2017-10-01 23:22 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

「マツモトクラブ×ルシファー吉岡 ツーマンライブ」

b0109481_06391983.jpg

先々週、「マツモトクラブ×ルシファー吉岡 ツーマンライブ『Big Comic Films』」にいってきました。

中目黒キンケロシアター。

キンキンケロンパシアターね。

この劇場にいくのははじめてです。

むかし牧野邦夫叔父がなかめに住んでいたことがあり、ときどき遊びにいっていましたが、そこの近くでした。

こじんまりしたきれいなシアター。階段状でみやすい客席です。会場に流れている『Take the’A’Train』がとまるとLiveのはじまりはじまりぃ。

どのコントもおもしろかったですが、特にいいなあ! と思ったのが次の3本でした。

「えぐち」

江口・森高夫妻のご子息「えぐち」の担任教師(マツクラさん)は、かねてから森高の大ファン。今日は三者面談。担任教師は「はじめて森高に会える~!」とソワソワワクワクしているのですが

というマツクラさんのコントをTVでみたことがありましたが、このライブではそのあとコンビニシーンがあり、そこで「えぐち」がバイトしてます。そのコンビニの店長がルシファーさんで、これまた森高千里が大好き。そこに担任教師がやってきてという感じで続いていて、おもしろさ倍増! 森高さんの曲や江口さん主演ドラマの曲がかかるのも楽しかったです♪

「コンサートデビュー」

初めてコンサートにいく男性(マツクラさん)に、いく際の持ち物(タオルとか双眼鏡とか)やライブ会場でのあれこれを教えてあげる友人(ルシファーさん)。そのやりとりがオモロ。ルシファーさんのスムーズな動きと、マツクラさんのどこかぎこちない動きの対照がとても生きているコント。ラスト、マツクラさんがコンサート会場でaikoの曲を踊りきるシーンは圧巻(*^^)v

「道案内」

祖父の葬式の、道案内の看板を持つ男性(ルシファーさん)。そこにお祭りのような赤いハッピ姿の若い男子(マツクラさん)があらわれ、その姿のままお葬式に向かおうとするのですが…。

ハッピ姿の男子のキャラがすごく魅力的。亡くなったおじいちゃんとの交流、思い出が胸に沁みる、ハートウォーミングコントでした。

ツーマンならではのおもしろさが溢れていたLIVE! 

またいってみたいです(^-^)/

b0109481_06482380.jpg

マツクラさんのネタで大好きなのが、今年のR-1 でみた、更新したかたち(なにより雪がすばらしかったなあ!)の「プラットホーム」ですが、そこに出てくる地名が、更新後は「かけがわ」。先日スーパーでこんなお茶をみかけ、思わず買ってしまいました(笑)。

ところでモノマネ番組でマツクラさんが渋谷すばるさんで出てくるのも楽しいですが(^◇^)いま、山本耕史さんが植木等さんを、志尊淳さん(前髪をあげた髪型だとウォンビンに似ている!)が小松政夫さんを演じているドラマ『植木等とのぼせもん』で、西村ヒロチョさんが安田伸役、パーマ大佐さんが石橋エータロー役で出ているのも楽し(^◇^)。クレージーキャッツそれぞれの担当楽器を本当に演奏できる方がキャスティングされたのでしょうね。だから演奏シーンも活き活き♪(^-^)/



by makisetsu | 2017-09-25 07:15 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

コント「お前、ホンマ最低やな!」王決定戦

b0109481_04225098.jpg

11日、コント「お前、ホンマ最低やな!」王決定戦にいってきました。

赤坂RED/THEATER。

ジャルジャルさんとマツモトクラブさんが同じステージに立つという嬉しいLIVE!

その他の出演メンバーもホンマ豪華で、MCからしてレイザーラモンHGさんとRGさんというぜいたくさ。

「救いようのないキャラが出てきて、『こいつサイテーやな!』ともっとも思わせてくれるコント」をやったところが優勝! という戦い(笑)

「後味のわるさ」のたとえとしてRGさんが、ビョークの『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のバッドエンドをあげていたのが、さすがのセンス(^0^)

ということで、しようもないキャラが続々(A^^;

1組目、ザブングルさん。バイト面接に来た、やたら態度のでかい53歳のニートの男性を加藤さんが演じて、味わい深かったです。

コントのあとはどの組も、MCのレイザーラモンさんとのちょっとしたトークがあって、そこで松尾さんお得意の徳永英明さんの歌のおまけもありました♪レイニーブルーもう終わったはずなのに~♪

2組目、空気階段さんは初めて見ました。渡辺篤史さんのTV番組『建物探訪』をパロったコントです。家を探訪しにきたはずのその男性は、ある種の欲望の強さがハンパなく、その家の奥さんやワンちゃんや、はてはいやまったく、なにを探訪しているのやら()

b0109481_04231044.jpg

3組目、マツモトクラブさん。ロックで天下とる夢をもって上京したけれど、田舎に帰って実家の農業を継ぐことにしたヒロシ。

ヒロシが帰るというので、別れを告げにきた、同じ夢を見たロック仲間カズヤ。(マツクラさんはピン芸人さんですから、カズヤのセリフは前もって自分で録音したものを流します)。仲間での思い出の数々や、思いを込めた別れの言葉を重ねていくカズヤは、ヒロシが「じゃあ」と去ろうとしても、何度も何度も何度も何度も引きとめ、放してくれません。

じつは、カズヤの、本当の目的は……! 

ネタばらしは控えます。いやあカズヤはサイテーなやつでしたが()コントはサイコー、前半のカズヤのセリフの幾つもが伏線になっていて見事です。あと、サングラス姿もすてきでした(*^^)v

コント後のトークでRGさんが、マツクラさんを「静のイケメン」、HGさんを「動のイケメン」と評していました。「全然客席の共感を得れてないやん」とHGさんが笑っていましたが(^o^)

4組目、かもめんたるさん。つきあいはじめたカノジョが忘れていったケータイが鳴ったので、思わず出てしまったイマカレ槙尾さん。電話はモトカレからでした。そのモトカレがもう、すっごくキモくてヤナやつでというのを岩崎さんが、「本当にいそう」な感じで演じていらして、鳥肌が……

b0109481_04263209.jpg

5組目、ジャルジャルさん。オーディションを受けるピン芸人、チャラ男番長、福徳さん。イェ~~~!♪チャラチャラチャラチャラチャラ男番長♪って、もう、こう書いているだけで楽しくなってしまいます(*^_^*)

チャラ男番長のしつこさといい加減さ、チャラい服装と中腰姿勢とむかつく言い回し、それらすべてにイッライラしている審査側の後藤さんの苛苛演技がまた真に迫っていて、うまいなあと。イライラしながらも、結局相手の希みを受け入れてしまう優しさがあり、きっぱり断れ切れない自分にまたイライラしている、といった感じ。

ちらっと光がみえるラストのしめ方もすてきなコントです(*^^)v

トークではRGさんが『ヒーローショー』の話を持ち出して、おもしろかったです。

6組目、さらば青春の光さん。ギャンブルの金を調達するために自分の内臓を売る男の話。と文字にすると重くなりますが、それをしっかり笑いにかえていらっしゃいます。ネタがとてもきっちりしていて、うまいおふたり。

7組目、天竺鼠さん。教室でのテスト風景。見回っている先生が川原さん、テストを受けている生徒が瀬下さん。瀬下さんは、実際にはない机に手を置き、実際にはない椅子に座っている姿勢をとっているのですが、それが長い時間続くと足腰が~(*_*;…いやあ、ホンマにしんどいやろうなあ。 独得の空気感をもったおふたり。東京でも何度か拝見していますが、大阪でみたときの印象が一番強いです。

優勝はかもめんたるさん。岩崎さんの、キャラ設定と演技力! に納得。でもホンマサイテーだったのは、空気階段さんのコントに出てきたキャラのような気も(笑)

ところでRGさんはずっとハンチングをかぶっていましたが、ラスト、一瞬脱いで、こぶしたかしヘアを見せてくれました()

ザブングル松尾さんの徳永SONGもまた最後に聴けて(^o^)♪壊れかけのレイディオ~♪

嬉し楽しい2時間でした(^-^)/


by makisetsu | 2017-08-13 05:30 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

「R-1ぐらんぷり2017準決勝」

昨日は強風のなか(_;)R-1ぐらんぷり2017準決勝」をみにいってきました。大門駅から4分。メルパルクホール。

スタートは18:00。MCははりけ~んずさん。

ここまで勝ち残ったのは39人。一番目に登場のAMEMIYAさんからラストのレイザーラモンRGさんまで、それぞれの方が3分のネタにこめた熱さをたっぷり堪能。とても楽しい2時間40分でした。

そして9人のファイナリストに決定したのは…!

マツモトクラブさん 今年こそチャンピオンになっていただきたい方。市井の人々のワンシーンをおもしろくあたたかく切り取る手腕が抜群! 3分という短いなかで、ペーソスを滲ませることができるのがすごいなあ。今回の雪を活かしたネタでも、途中、ほろり、としました。

ブルゾンちえみさん ブレイク中! R-1はピンでの戦いなので、後ろのメンズがいないのが少しさびしい感じがしました。

レイザーラモンRGさん 最近おなじみのトランプネタ。RGさんはステージに登場しただけで嬉しくなってしまいます(*^_^*)その存在感と、醸し出される空気感に満足!

ルシファー吉岡さん 産休の先生に代わってクラスを担当する教師の歴史の授業。生徒たちの反応にとまどう、代行先生の人間性の良さが印象的なネタでした。ほっこり。

石出奈々子さん メルヘンやなあ()。黄色いふわふわワンピがかわゆかったです。

ゆりやんレトリィバァさん ボリューミーな体に真っ白なふわふわドレスで、岩の上に座っているゆりやん。こちらもメルヘンぽいですが、皮肉の度合いが嵩増しで愉快でした。

横澤夏子さん 子供を3人自転車に乗せて漕いでいるママ。これから姑さんの家にいくところみたい…。女性の本音と、対女性の態度を描き、「あるある」「いるいる」感を呼び込み、収めます。

三浦マイルドさん 数年前優勝なさったときより、落ち着いた感じのネタで、私はこちらのほうがずっといいなあと思いました。

アキラ100%さん ギリギリの裸ネタ() TMRさんの曲での扇風機を使ったくだりでは思わず笑ってしまいました。

惜しくも勝ち進めなかった方々も、皆さんおもしろくて、飽きるということがありませんでした。

ところでブレイク中でこの準決勝でも勢いありまくりだったサンシャイン池崎さんは、どうしてファイナリストとして残れなかったのでしょうか?(もしかしていま忙しすぎて、スケジュールの都合とかもあるのかな?)

池崎さんを初めてみたのは2年前のワタナベエンターテインメントライブですが、ネタがどうこうとかいうより()もうとにかく、あの明るさがいいなあ! と思いました。「元気」と「大声」に関しては池崎さんの右に出るものはいません。ぜひ28日の復活ステージで復活を。ジャスティス!()

あと、勝ち進めなくて残念だなあと思ったのは、ぶらっくさむらいさん(「TAKINOべすと」おもしろかったなあ!)パーマ大佐さん(『森のくまさん』歌ってくれました・笑)ZAZYさん(しゅ~る~!)キャプテン渡辺さん(声が好き・笑)、脳みそ夫さん(キャラが好き・笑)もう中さん(「回転ずし」の絵がかわいかったなあ)

写真は入場者に配られたかみぶくろ(^0^)ともあれ28日の決勝戦も楽しみです。いえその日は、TVでみます()(^-^)/

b0109481_08584173.jpg



by makisetsu | 2017-02-21 10:09 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

「超漫才LIVE」

ちょっとばたばたしていてひと月ほど更新できませんでしたが(A^^;

ポールのチケットはしっかり予約しましたデス(^^)v

モジャモジャルジャルデビューライブ」からひと月ちょっと。先週はジャルジャルさん、倉本美津留さんの「超漫才LIVE」にいってきました。渋谷ユーロライブ。

「超コントLIVE」と同じように、来場者(お客さんたち)がペーパーにワードを書いて提出。そのなかから倉本さんが語を拾い、ジャルジャルさんが漫才をつくっていくというLIVE

その日は計13本もの漫才を即興で! いやあ、ほんとにすごいです! 

なかにはオチまでなかなかたどりつけなかったり、ちょっとクルシゲなまとめ方だったり、というのもあって、そこがまたおもしろかったです~(^0^) 

私が好きだったのは「女子力」と「就活」。

「女子力」はタイトルとイメージが違って、ほとんど北京原人の話()。「就活」は、会社の面接に来ていて知り合った二人(後藤さんと福徳さん)が、まああれこれあって、結局この面接は失敗だったなあ…てな感じで、ほなこれから、二人で漫才をやっていかへん? えー?…みたいな、なんかかわいらしい、あったかなラストで、いいなあと思いました。

まださむいですが、春はすぐそこですね(^-^)/


by makisetsu | 2017-02-02 07:10 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

モジャモジャルジャルデビューライブ

b0109481_2055454.jpg19日夜、モジャモジャルジャルデビューライブにいってきました。新宿ReNY。

「モジャモジャルジャル」は、もともと歌ネタが多いジャルジャルさんが、放送作家の倉本美津留さんとミュージシャンの福山芳樹さんと結成したグループです。

思っていたより本格的な音楽Liveで嬉しくなっちゃいました♪ 

コントで聴いていたおなじみの曲が、どれもクオリティ高くなっていてびっくり! 

それもそのはず、ヨシキング福山芳樹さんがすべての曲をアレンジなさったとか♪

b0109481_211454.jpgジャルファンと福山さんファンで埋まった会場は熱気にあふれ、寒い冬だということを忘れさせてくれるぐらい。

後藤さんが10年ほど前(?)につくったという『シャララ』は、なんかほっこりした曲でええなあ~♪ 

歌っている後藤さんが、ちょっと星野源さんっぽく見えました(^0^)

演歌歌手「しんぺい」(福徳さん)が歌い上げるのは、あの名曲「星はしご」。

b0109481_2124883.jpg歌いだしは一曲目、二曲目…とそれぞれ違う曲でも、結局行き着くところは「星はしご~」(笑) 
前からほんと、好きな曲です。

好きといえば、コント「葬式」の曲「虹色の思い出」も! 

友人の葬式で、二人(後藤さんと福徳さん)が亡き友に歌を捧げるというコントで、歌のノリがよければよいほど、オチもばっちり決まります。

DVDで何度も見ているのですが、今回、ほんとすごい迫力で、感動!


b0109481_21653.jpgそしてなんといってもHappyだったのは、後藤さんと倉本さんがハモる「If I Fell(恋におちたら)」を聴けたこと。おふたりとも、すてきでした~♪

ジャルジャルさんのLiveで The Beatlesを聴けるなんて! こんなに嬉しいことはありません(*^_^*)

約2時間、音楽とお笑いが融合した、とてもとても楽しいLiveでした。

ところで「THE BAWDIES×ジャルジャルの猪突猛進チュ~!!」のチケットは発売日に挑戦しましたが一瞬で完売、とることができなかったのがザンネン(--;)

「モジャモジャルジャル」、次のLiveも、どうかどうかありますように(^-^)/♪♪♪♪♪

by makisetsu | 2016-12-25 22:22 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

ときめき2ショットヽ(^。^)ノ

風邪をひいています(A^^;

いやあそれにしても今年の芸能界はいろんなことが起こりすぎて…。
カイトくんのこと、驚いています…。

ところでブログにアップはしていませんが、昨年水谷豊さんのコンサートに私いってます♪今年4月の若大将のコンサートのステージでも右京さんを拝見、ドキドキ♪『相棒』はどのシーズンも(ミッチーのときがいちばん好きでしたが)欠かさずみています。今シーズンは、六角さんが降りてしまったのがさびしいなあ…。

b0109481_4535418.jpgさて先週の「M-1」で、いちばんときめいたのはこのシーンでした(^o^)

山内さん(かまいたち)と後藤さん(ジャルジャル)の2ショット!ヽ(^。^)ノ

敗者復活戦、ジャルジャルさんとかまいたちさんはもちろんのこと、東京ダイナマイトさん、とろサーモンさん、三四郎さん、ニューヨークさん、おもしろかったなあ! あ、マジカルラブリーさんも。

好きなコンビの方の優勝を願っているのは確かですが、でも最近はそれよりも、無事に「続けて」いてくださるのがなにより! と思っています。それって極楽の加藤さん風にいえば「当たり前じゃねーからな」(笑)。いやほんと、コンビを「続けて」、ファンを楽しませ「続けて」くださっているのは、とてもとても嬉しいこと!

7年前のハロバイさんの解散、かなしかったもんなあ…。
スーパーマラドーナさんはコンビ復活して今年は3位までいけて、ほんとうによかったです! そうそう銀シャリさんの「ドレミの歌」をきいて、カナリアさんの「ドレミの歌」も思いだしました。確か「レ」はレンコンアレルギー? とかいうんじゃなかったでしたっけ(笑) あれもほんとうにおもしろかったなあ!
「お笑い」は、心をほぐしてくれます。

でもって、来週はモジャモジャルジャルライブにいく予定なので、風邪を治します(^-^)/

by makisetsu | 2016-12-11 05:51 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

「IPPONグランプリ」

おおお、今日の「IPPONグランプリ」、ふかわさんが出てらっしゃるんですね!
それに永野さんも中岡さんも久保田さんも川島さんも! 
なんてゴージャスなメンバーなのでしょう~!ヽ(^。^)ノ

by makisetsu | 2016-11-19 21:14 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

「ジャルってんじゃねぇよ!」2016秋

b0109481_647511.jpg7日夜、ジャルジャル全国ツアー2016「ジャルってんじゃねぇよ!」にいってきました。
今回も博品館劇場です。5月のときとはもちろん、ネタも違います。ジャルジャルさんは次から次へと新ネタをつくり続けていて、もうほんとうにすごいです! 

スタートは、アフロの福徳さんが、学生服姿でメガネの後藤さんを、美容院に連れていく、といった映像。これがラストにつながっていくストーリーになっています。

コント1本目「やきもちコーチ」。卓球選手が後藤さんで、コーチが福徳さん。「他のコーチに教わってるんじゃないの?」とネチネチ問いつめるコーチの焼きもちっぷりが~(~_~;)

2本目「スタッフと仲良すぎる司会者」。地方局の生番組にゲストで来た「バラードの貴公子」キシベさん(後藤さん)。新曲の告知をしたいのに、司会者(福徳さん)はスタッフとの内輪話のみで番組を進めていき~(A^^;

「思春期の喧嘩は理解できない」。おたがいの名前をもじって変なあだ名をつける男子2人。それがもとで取っ組み合いの喧嘩になるのですが~(^◇^)

b0109481_652266.jpg「連発浮きヘルいじり」。工事現場に訪れた、発注先の会社の人(福徳さん)。でも被っているヘルメットがサイズが合ってなくてすっごく浮いています。それを現場監督(後藤さん)が、いじりたおしたため、とんでもないことに~(*_*;

「解散~ツッコミ下手な関東人~」。お笑いコンビ、パワージャングル(笑)。ネタを書いているボケ役の関西人(後藤さん)に、ツッコミの関東人(福徳さん)。そのツッコミたるや、いやはやなんとも~(^_^;)

「教育革命~二人制授業~」。新任の数学の先生(福徳さん)は、なぜか授業に友人(後藤さん)を連れてきて…その日の授業は連立方程式ですが~(*^。^*)

「だっさいの!」。オーディションを受けにきた青年(福徳さん)。その天才風の態度に期待するプロデューサー(後藤さん)。さて青年が歌いだした曲は~(^^♪

「力づくで耐える奴」。自分にパンチを一発でも当てることができたら10万円やる、と、ストリートでアピールをしている男(後藤さん)。ただし挑戦するには1万円を払うこと。さて彼に挑む男(福徳さん)の運命やいかに~(>_<)

「女コンビの難しさ」。女性漫才師の片方(福徳さん)にカレシができて…嫉妬のコントです。「カレシできたことないから焼いてんのとちゃう?」と言われた、ロングヘアーの相方(後藤さん)が、「できかけたことあるワ」と繰り返すセリフが、めちゃツボでした~(^○^)

b0109481_6491153.jpg「田尾タオルの社長さん」。経営者をスタジオに招きインタビューするテレビ番組。でも司会者(後藤さん)がふっても、無口でテンション低い、ゲストの田尾社長さん。
番組は、あらかじめ撮ってある、田尾社長さんに密着取材したビデオを流します。その映像のなかの社長さんといったら~\(◎o◎)/!

黒夢の清春さんの名前とかも出てきて、おもろいコントでした~(^o^)丿
グッズのタオルも買っちゃいました~(笑)

さて冒頭の映像につながるコント「とある生徒の悲劇~ドラマチック0(ゼロ)~」。
お笑い芸人になるため、ある目論見があって、一年間だけ高校教師をつとめるアフロの男性、山下清さん(福徳さん)。
その教師に、相方として目をつけられてしまった高校男子、角徹くん(後藤さん)。
この二人のドラマが、コントから映像へそしてまた生のコントへと、たっぷり描かれています。

「ジャルってんじゃねぇよ!」の映像部分は、CX放映の『ザ・ノンフィクション』―市井の様々な方々の様々な人生を長期にわたって追うドキュメンタリー番組―のような、妙な現実感あり、かなしみ感ありで、胸にしみるんですよね~(^_^)/~

「とある生徒の悲劇~ドラマチック0(ゼロ)~」「異色のお笑い芸人~その先にあるもの~」

「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ」チャップリンのそんな言葉を思いだす、ドラマティックなコントでした。

b0109481_6495913.jpg「ジャルってんじゃねぇよ!」、構成の仕方や、コントのベースになる幾つかのパターンというのは決まっているように思えますが、でもそこにどんなものを当てはめ、どんなふうに仕上げていくか、という、その発想とセンス! に毎回感動! なのであります。

そしてなんといっても、常に全体に流れている、そのふざけた感と明るさが大好きです。

ジャルジャルさんのコントをみたあとはいつも、とてもハッピーな気持ちになって帰ってきます。次のLiveも楽しみです(^-^)/

そうそう、アンケートを出したら、ステッカーがもらえました(*^^)v

by makisetsu | 2016-11-13 07:23 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

「ジャルってんじゃねえよ!」2016博品館

b0109481_291611.jpg20日夜に「ジャルってんじゃねえよ!」2016にいってきました。

今回の会場は銀座博品館劇場。そういえばむかしここで、爆笑問題さんの単独ライブをみたこともあったなあ。

「ジャルってんじゃねえよ!」。もうどれぐらい数を重ねているんでしたっけ。いや~~~、今回もめちゃおもろかったですう~~~!!!\(^o^)/

スタートは、まず映像。ブランコ、すべり台…公園を子どものように駆け巡り、楽しそうに遊ぶジャルジャルさん。笑顔でおふたりが声を揃えます。「ジャルってんじゃねえよ!」

そしてステージ上でのコントのはじまりはじまり~。
1本目は、「ちゃんとやれ」。
手術台の上の患者(福徳さん)と執刀医(後藤さん)のやりとりのおかしさといったら~(笑)

2本目「ハート♡キョーコ」。
生放送のTV番組。キャスター(後藤さん)がピンクの水着の女性ボディビルダー(福徳さん)を紹介。パフォーマンスを始めるボディビルダー、キョーコさん。でもそこに緊急速報が入ってきて…。

3本目は「うそうそ」。
嘘ばかりついている不動産屋(福徳さん)とお客(後藤さん)の話です。さてオチは…?

そのあとの「パンプキンボーイ」は、小さなプロダクション、オフィスDANの社長(後藤さん)が、テレビ局の番組の打ち合わせ会議(?)かなんかの場所にいきなりやってきて、所属お笑い芸人(福徳さん)の売り込みをするというコント。ちょっとならず者っぽくて(笑)ひとくせもふたくせもありそうな社長さんと、表情が硬くて不器用そうな芸人さんのキャラの対比がおもしろくて、韻踏みの一発ギャグのビミョーさがまた、それにバッチリはまっていました(*^^)v

「イタズラ路上パフォーマー」は、シルクハットの路上パフォーマー(後藤さん)が、通りすがりのおにいさん(福徳さん)になにかを手渡すのですが…?!

次は「厚底おかまギャル」。
渋谷でひとり暮らしをはじめた男性(後藤さん)のところに見知らぬギャル(福徳さん)が訪ねてきます。出会いの始めの紹介は「渋谷おかまギャル」。それに「○○○大好き」とか「全身○○」とか次々と(どうでもいいような・笑 でも膨大な)情報がプラスされていく、その厚みがとにかくすご~い! コントでした。

「高ぶり上司」。
大きなミスをおかした社員(福徳さん)と、その上司(後藤さん)。上司の部下への叱責は、じつは…?!

「はい! どうも! ちからコブです」。
組んでから3年たつけれど、1度もテレビに出ていない漫才コンビ、ちからコブ。なんとかせなと、2人で「出」の決めポーズの相談をするのですが…。

「あっ」「えっ」「おっ」。
吹き替え中の声優(福徳さん)にダメ出し連発のディレクター(後藤さん)。短い言葉で構成されたコント。その絶妙な間に抱腹!

10本目。卒業後8年、久しぶりに会って飲んでいる同級生2人。どちらもニット帽を被っているのですが、さて…?「絶対、ハゲてる奴」。

「かつぜつギャンブラー」。
活躍中の脚本家(福徳さん)のところに記者(後藤さん)がインタビューに来ています。
その脚本家のかつぜつのわるさが…ああ、ギャンブルの引き金になってしまうなんて!
b0109481_211189.jpgハラハラドキドキ! テンションマックス! もりあがりまくりのコントヽ(^o^)丿

そして最後は映像でコントの登場人物たちをまとめ、その映像のストーリーにつなげ、ステージにまたジャルジャルさん登場! といった、満足感たっぷりの2時間でした。

ところでジャルジャルさんのコントのキャラたちっていつも魅力的! 今回私は、オフィスDANの団社長がいちばん好きでした(*^_^*)

写真は団社長ではなく、キャスターの鳥山さんと女性ボディビルダーのハート♡キョーコさんです(笑)(^-^)/

by makisetsu | 2016-05-22 02:29 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)