カテゴリ:お笑い・TVの感想など( 122 )

 

「超漫才LIVE」

ちょっとばたばたしていてひと月ほど更新できませんでしたが(A^^;

ポールのチケットはしっかり予約しましたデス(^^)v

先週はジャルジャルさん、倉本美津留さんの「超漫才LIVE」にいってきました。渋谷ユーロライブ。

「超コントLIVE」と同じように、来場者(お客さんたち)がペーパーにワードを書いて提出。そのなかから倉本さんが語を拾い、ジャルジャルさんが漫才をつくっていくというLIVE

その日は計13本もの漫才を即興で! いやあ、ほんとにすごいです! 

なかにはオチまでなかなかたどりつけなかったり、ちょっとクルシゲなまとめ方だったり、というのもあって、そこがまたおもしろかったです~(^0^) 

私が好きだったのは「女子力」と「就活」。

「女子力」はタイトルとイメージが違って、ほとんど北京原人の話()。「就活」は、会社の面接に来ていて知り合った二人(後藤さんと福徳さん)が、まああれこれあって、結局この面接は失敗だったなあ…てな感じで、ほなこれから、二人で漫才をやっていかへん? えー?…みたいな、なんかかわいらしい、あったかなラストで、いいなあと思いました。

まださむいですが、春はすぐそこですね(^-^)/


by makisetsu | 2017-02-02 07:10 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

モジャモジャルジャルデビューライブ

b0109481_2055454.jpg19日夜、モジャモジャルジャルデビューライブにいってきました。新宿ReNY。

「モジャモジャルジャル」は、もともと歌ネタが多いジャルジャルさんが、放送作家の倉本美津留さんとミュージシャンの福山芳樹さんと結成したグループです。

思っていたより本格的な音楽Liveで嬉しくなっちゃいました♪ 

コントで聴いていたおなじみの曲が、どれもクオリティ高くなっていてびっくり! 

それもそのはず、ヨシキング福山芳樹さんがすべての曲をアレンジなさったとか♪

b0109481_211454.jpg
ジャルファンと福山さんファンで埋まった会場は熱気にあふれ、寒い冬だということを忘れさせてくれるぐらい。

後藤さんが10年ほど前(?)につくったという『シャララ』は、なんかほっこりした曲でええなあ~♪ 

歌っている後藤さんが、ちょっと星野源さんっぽく見えました(^0^)

演歌歌手「しんぺい」(福徳さん)が歌い上げるのは、あの名曲「星はしご」。

b0109481_2124883.jpg歌いだしは一曲目、二曲目…とそれぞれ違う曲でも、結局行き着くところは「星はしご~」(笑) 
前からほんと、好きな曲です。

好きといえば、コント「葬式」の曲「虹色の思い出」も! 

友人の葬式で、二人(後藤さんと福徳さん)が亡き友に歌を捧げるというコントで、歌のノリがよければよいほど、オチもばっちり決まります。

DVDで何度も見ているのですが、今回、ほんとすごい迫力で、感動!


b0109481_21653.jpgそしてなんといってもHappyだったのは、後藤さんと倉本さんがハモる「If I Fell(恋におちたら)」を聴けたこと。おふたりとも、すてきでした~♪

ジャルジャルさんのLiveで The Beatlesを聴けるなんて! こんなに嬉しいことはありません(*^_^*)

約2時間、音楽とお笑いが融合した、とてもとても楽しいLiveでした。

ところで「THE BAWDIES×ジャルジャルの猪突猛進チュ~!!」のチケットは発売日に挑戦しましたが一瞬で完売、とることができなかったのがザンネン(--;)

「モジャモジャルジャル」、次のLiveも、どうかどうかありますように(^-^)/♪♪♪♪♪

by makisetsu | 2016-12-25 22:22 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

ときめき2ショットヽ(^。^)ノ

風邪をひいています(A^^;

いやあそれにしても今年の芸能界はいろんなことが起こりすぎて…。
カイトくんのこと、驚いています…。

ところでブログにアップはしていませんが、昨年水谷豊さんのコンサートに私いってます♪今年4月の若大将のコンサートのステージでも右京さんを拝見、ドキドキ♪『相棒』はどのシーズンも(ミッチーのときがいちばん好きでしたが)欠かさずみています。今シーズンは、六角さんが降りてしまったのがさびしいなあ…。

b0109481_4535418.jpgさて先週の「M-1」で、いちばんときめいたのはこのシーンでした(^o^)

山内さん(かまいたち)と後藤さん(ジャルジャル)の2ショット!ヽ(^。^)ノ

敗者復活戦、ジャルジャルさんとかまいたちさんはもちろんのこと、東京ダイナマイトさん、とろサーモンさん、三四郎さん、ニューヨークさん、おもしろかったなあ! あ、マジカルラブリーさんも。

好きなコンビの方の優勝を願っているのは確かですが、でも最近はそれよりも、無事に「続けて」いてくださるのがなにより! と思っています。それって極楽の加藤さん風にいえば「当たり前じゃねーからな」(笑)。いやほんと、コンビを「続けて」、ファンを楽しませ「続けて」くださっているのは、とてもとても嬉しいこと!

7年前のハロバイさんの解散、かなしかったもんなあ…。
スーパーマラドーナさんはコンビ復活して今年は3位までいけて、ほんとうによかったです! そうそう銀シャリさんの「ドレミの歌」をきいて、カナリアさんの「ドレミの歌」も思いだしました。確か「レ」はレンコンアレルギー? とかいうんじゃなかったでしたっけ(笑) あれもほんとうにおもしろかったなあ!
「お笑い」は、心をほぐしてくれます。

でもって、来週はモジャモジャルジャルライブにいく予定なので、風邪を治します(^-^)/

by makisetsu | 2016-12-11 05:51 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

「IPPONグランプリ」

おおお、今日の「IPPONグランプリ」、ふかわさんが出てらっしゃるんですね!
それに永野さんも中岡さんも久保田さんも川島さんも! 
なんてゴージャスなメンバーなのでしょう~!ヽ(^。^)ノ

by makisetsu | 2016-11-19 21:14 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

「ジャルってんじゃねぇよ!」2016秋

b0109481_647511.jpg7日夜、ジャルジャル全国ツアー2016「ジャルってんじゃねぇよ!」にいってきました。
今回も博品館劇場です。5月のときとはもちろん、ネタも違います。ジャルジャルさんは次から次へと新ネタをつくり続けていて、もうほんとうにすごいです! 

スタートは、アフロの福徳さんが、学生服姿でメガネの後藤さんを、美容院に連れていく、といった映像。これがラストにつながっていくストーリーになっています。

コント1本目「やきもちコーチ」。卓球選手が後藤さんで、コーチが福徳さん。「他のコーチに教わってるんじゃないの?」とネチネチ問いつめるコーチの焼きもちっぷりが~(~_~;)

2本目「スタッフと仲良すぎる司会者」。地方局の生番組にゲストで来た「バラードの貴公子」キシベさん(後藤さん)。新曲の告知をしたいのに、司会者(福徳さん)はスタッフとの内輪話のみで番組を進めていき~(A^^;

「思春期の喧嘩は理解できない」。おたがいの名前をもじって変なあだ名をつける男子2人。それがもとで取っ組み合いの喧嘩になるのですが~(^◇^)

b0109481_652266.jpg「連発浮きヘルいじり」。工事現場に訪れた、発注先の会社の人(福徳さん)。でも被っているヘルメットがサイズが合ってなくてすっごく浮いています。それを現場監督(後藤さん)が、いじりたおしたため、とんでもないことに~(*_*;

「解散~ツッコミ下手な関東人~」。お笑いコンビ、パワージャングル(笑)。ネタを書いているボケ役の関西人(後藤さん)に、ツッコミの関東人(福徳さん)。そのツッコミたるや、いやはやなんとも~(^_^;)

「教育革命~二人制授業~」。新任の数学の先生(福徳さん)は、なぜか授業に友人(後藤さん)を連れてきて…その日の授業は連立方程式ですが~(*^。^*)

「だっさいの!」。オーディションを受けにきた青年(福徳さん)。その天才風の態度に期待するプロデューサー(後藤さん)。さて青年が歌いだした曲は~(^^♪

「力づくで耐える奴」。自分にパンチを一発でも当てることができたら10万円やる、と、ストリートでアピールをしている男(後藤さん)。ただし挑戦するには1万円を払うこと。さて彼に挑む男(福徳さん)の運命やいかに~(>_<)

「女コンビの難しさ」。女性漫才師の片方(福徳さん)にカレシができて…嫉妬のコントです。「カレシできたことないから焼いてんのとちゃう?」と言われた、ロングヘアーの相方(後藤さん)が、「できかけたことあるワ」と繰り返すセリフが、めちゃツボでした~(^○^)

b0109481_6491153.jpg「田尾タオルの社長さん」。経営者をスタジオに招きインタビューするテレビ番組。でも司会者(後藤さん)がふっても、無口でテンション低い、ゲストの田尾社長さん。
番組は、あらかじめ撮ってある、田尾社長さんに密着取材したビデオを流します。その映像のなかの社長さんといったら~\(◎o◎)/!

黒夢の清春さんの名前とかも出てきて、おもろいコントでした~(^o^)丿
グッズのタオルも買っちゃいました~(笑)

さて冒頭の映像につながるコント「とある生徒の悲劇~ドラマチック0(ゼロ)~」。
お笑い芸人になるため、ある目論見があって、一年間だけ高校教師をつとめるアフロの男性、山下清さん(福徳さん)。
その教師に、相方として目をつけられてしまった高校男子、角徹くん(後藤さん)。
この二人のドラマが、コントから映像へそしてまた生のコントへと、たっぷり描かれています。

「ジャルってんじゃねぇよ!」の映像部分は、CX放映の『ザ・ノンフィクション』―市井の様々な方々の様々な人生を長期にわたって追うドキュメンタリー番組―のような、妙な現実感あり、かなしみ感ありで、胸にしみるんですよね~(^_^)/~

「とある生徒の悲劇~ドラマチック0(ゼロ)~」「異色のお笑い芸人~その先にあるもの~」

「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ」チャップリンのそんな言葉を思いだす、ドラマティックなコントでした。

b0109481_6495913.jpg「ジャルってんじゃねぇよ!」、構成の仕方や、コントのベースになる幾つかのパターンというのは決まっているように思えますが、でもそこにどんなものを当てはめ、どんなふうに仕上げていくか、という、その発想とセンス! に毎回感動! なのであります。

そしてなんといっても、常に全体に流れている、そのふざけた感と明るさが大好きです。

ジャルジャルさんのコントをみたあとはいつも、とてもハッピーな気持ちになって帰ってきます。次のLiveも楽しみです(^-^)/

そうそう、アンケートを出したら、ステッカーがもらえました(*^^)v

by makisetsu | 2016-11-13 07:23 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

「ジャルってんじゃねえよ!」2016博品館

b0109481_291611.jpg20日夜に「ジャルってんじゃねえよ!」2016にいってきました。

今回の会場は銀座博品館劇場。そういえばむかしここで、爆笑問題さんの単独ライブをみたこともあったなあ。

「ジャルってんじゃねえよ!」。もうどれぐらい数を重ねているんでしたっけ。いや~~~、今回もめちゃおもろかったですう~~~!!!\(^o^)/

スタートは、まず映像。ブランコ、すべり台…公園を子どものように駆け巡り、楽しそうに遊ぶジャルジャルさん。笑顔でおふたりが声を揃えます。「ジャルってんじゃねえよ!」

そしてステージ上でのコントのはじまりはじまり~。
1本目は、「ちゃんとやれ」。
手術台の上の患者(福徳さん)と執刀医(後藤さん)のやりとりのおかしさといったら~(笑)

2本目「ハート♡キョーコ」。
生放送のTV番組。キャスター(後藤さん)がピンクの水着の女性ボディビルダー(福徳さん)を紹介。パフォーマンスを始めるボディビルダー、キョーコさん。でもそこに緊急速報が入ってきて…。

3本目は「うそうそ」。
嘘ばかりついている不動産屋(福徳さん)とお客(後藤さん)の話です。さてオチは…?

そのあとの「パンプキンボーイ」は、小さなプロダクション、オフィスDANの社長(後藤さん)が、テレビ局の番組の打ち合わせ会議(?)かなんかの場所にいきなりやってきて、所属お笑い芸人(福徳さん)の売り込みをするというコント。ちょっとならず者っぽくて(笑)ひとくせもふたくせもありそうな社長さんと、表情が硬くて不器用そうな芸人さんのキャラの対比がおもしろくて、韻踏みの一発ギャグのビミョーさがまた、それにバッチリはまっていました(*^^)v

「イタズラ路上パフォーマー」は、シルクハットの路上パフォーマー(後藤さん)が、通りすがりのおにいさん(福徳さん)になにかを手渡すのですが…?!

次は「厚底おかまギャル」。
渋谷でひとり暮らしをはじめた男性(後藤さん)のところに見知らぬギャル(福徳さん)が訪ねてきます。出会いの始めの紹介は「渋谷おかまギャル」。それに「○○○大好き」とか「全身○○」とか次々と(どうでもいいような・笑 でも膨大な)情報がプラスされていく、その厚みがとにかくすご~い! コントでした。

「高ぶり上司」。
大きなミスをおかした社員(福徳さん)と、その上司(後藤さん)。上司の部下への叱責は、じつは…?!

「はい! どうも! ちからコブです」。
組んでから3年たつけれど、1度もテレビに出ていない漫才コンビ、ちからコブ。なんとかせなと、2人で「出」の決めポーズの相談をするのですが…。

「あっ」「えっ」「おっ」。
吹き替え中の声優(福徳さん)にダメ出し連発のディレクター(後藤さん)。短い言葉で構成されたコント。その絶妙な間に抱腹!

10本目。卒業後8年、久しぶりに会って飲んでいる同級生2人。どちらもニット帽を被っているのですが、さて…?「絶対、ハゲてる奴」。

「かつぜつギャンブラー」。
活躍中の脚本家(福徳さん)のところに記者(後藤さん)がインタビューに来ています。
その脚本家のかつぜつのわるさが…ああ、ギャンブルの引き金になってしまうなんて!
b0109481_211189.jpgハラハラドキドキ! テンションマックス! もりあがりまくりのコントヽ(^o^)丿

そして最後は映像でコントの登場人物たちをまとめ、その映像のストーリーにつなげ、ステージにまたジャルジャルさん登場! といった、満足感たっぷりの2時間でした。

ところでジャルジャルさんのコントのキャラたちっていつも魅力的! 今回私は、オフィスDANの団社長がいちばん好きでした(*^_^*)

写真は団社長ではなく、キャスターの鳥山さんと女性ボディビルダーのハート♡キョーコさんです(笑)(^-^)/

by makisetsu | 2016-05-22 02:29 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

「と千原ジュニア」

b0109481_133791.jpgジャルジャルさんが出るので、今月は「と千原ジュニア」にいってきました。ルミネtheよしもと。

「5組の芸人に、持ち時間20分と千原ジュニアを与えました」
という企画で、今回で3回目だそうです。

トップはさっくん佐久間一行さん。

海で遭難して、無人島に流れ着いた王子さま(さっくん)。「はやく僕の国の船が迎えにきてくれないかなあ」と独り言をいっているところに、一人の男(ジュニアさん)があらわれ、言ってのけます。「そんな考えは甘い」と。男は1年前にこの島に流れついたのだけど、それから船が見えたことなど一度もないし、助かる見込みなど皆無だと言い、ここでは王子という地位もお金もなんの役にも立たないのだと悟し、この島での暮らし方を教えてやると、先輩風をふかします。しかしそのとき……!

さっくん脚本のミュージカル仕立てのコント。明るさ全開でぐいぐいと繰り広げられるさっくんワールド! いささかとまどいながら、ノリきれずに歌うジュニアさん。おふたりの対比が楽しかったです。
ポジティブ感満載のさっくんですが、その奥に、というか、その裏に、なにかしらの秘密とか闇とかを抱えているのではないかしらん? なんて思わせてくれる芸人さんで、そこも佐久間さんの魅力のひとつです。

その日いちばん驚いたのが、2番目に登場したドランクドラゴンの鈴木拓さんの企画でした。
ご自身の少年時代の話をしてくださったのですが、いまの鈴木さんの印象からは想像もつかないような悲惨で衝撃的な過去! 拡散は×とのことですし、まだまだたくさんのエピソードがあるとのことですので、いつか本にまとめていただきたいです。
鈴木さんの、強さに、心打たれた20分でした。
ところで鈴木さんが出てらした『撮れ高次第』って番組、好きだったなあ…。

そしてジャルジャルさん! 倉本美津留さんとの「あっぷくライブ」のような「即興コント」をジュニアさんと。
あらかじめ書かれたたくさんの「形容詞」と「名詞」のペーパーをボックスに入れ、一枚ずつひいて組み合わせてできたお題で、すぐにコントをするというものです。

福徳さんとジュニアさんで「メリハリが凄い 試着」
後藤さんとジュニアさんで「待ってました! 視力検査」
後藤さんと福徳さんで「雑念だらけの 料理番組」
三人で「両手を挙げっぱなしの 週間天気予報」

「待ってました! 視力検査」が特におもしろかったです! いかにもかったるそうに、すごく嫌そうに身長測定やら背筋力測定やらをさせられていた後藤さんが、視力検査になったら急に活き活きとノリノリで弾けるという、そのストレート感がサイコーでした!(*^^)v

バッファロー吾郎の竹若元博さん。
ジュニアさんのお兄さんの名「ち・は・ら・せ・い・じ」の一文字ずつを順番通りに文の頭に持ってきて、ジュニアさんがエピソードを語り、竹若さんはその話に、やはり「ち・は・ら・せ・い・じ」で相槌を打つという、「千原せいじ」しばりの話をするという企画でした。
おもしろかったですが、幾つかのエピソードを語るなかで、「ち」は、「ちょっと」が多かったような気も…(笑)。竹若さんがお得意の「絵」を活かした企画ですと、よりよかったんじゃないかなあ、という気も、ちょっと(笑)しました。

ラストはジュニアさんがシソンヌさんと組んでのコント「歌舞伎町」。シソンヌさんは、とにかくうまいです。数年前に放映されていたたけしさんの「オモクリ監督」でも、シソンヌじろうさんの作品はすごいのが幾つもありました。あの番組も好きだったなあ。ロバート秋山さんの「TOKAKUKA(都か区か)」名曲でした~♪ 秋山さんといえば、最近やってるTシャツの裏の梅宮さん、愉快(^0^)

豪華メンバーでのバラエティに富んだ笑いを楽しめた、ぜいたくな一夜でした。

今月は「ジャルってんじゃねぇよ!」にもいく予定です(^-^)/

by makisetsu | 2016-05-15 14:03 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

『お笑い一番星』重版

b0109481_2555785.jpg週明けに、『お笑い一番星』(くもん出版)に重版がかかるとの嬉しいご連絡を、編集さんからいただきました。

その晩、TVの「しくじり先生」に、はんにゃさんが登場!

『お笑い一番星』の帯には、はんにゃさんが推薦の言葉を書いてくださっているので、
(出版の際に編集さんがオファーしてくださって実現した、すてきな帯です)
嬉しい偶然だなあと思ってみていたところ……川島さんがご病気で、2015年のお正月休みに手術されていたことを知り、びっくりしました。その番組で、初めて発表なさったようです。
現在はお元気で、ほんとうによかったです! どうか、これからもお元気で!
おふたりのますますのご活躍を、心から願ってやみません(^-^)/

by makisetsu | 2016-04-06 05:55 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

M-1グランプリ 2015 ジャルジャルさん3位

午後の敗者復活戦では、学天即さんとかまいたちさんととろサーモンさんとナイツさんがおもしろかったなあ! ナイツさんの、いつもとボケとツッコミが逆になる後半、おなかか抱えて笑っちゃいました(^0^)

そして夜の決勝! ジャルジャルさん、ラスト3組に残っていたのでドキドキしながらみていましたが、おー、優勝はトレンディエンジェルさんにもってかれてしまいましたか~(A^^;

b0109481_2233760.jpgでも今回は、いつもと少し違った感じのジャルジャルさんをみることができたような気がしています。ネタをするときの、舞台上でのかなり緊張した様子が、至極新鮮でしたし、3位という結果が出たあとのくやしそうな、というか、ちょっとかなしそうなお二人の表情が、いつも以上に魅力的にみえて、これからもLiveたくさんみにいこーう! と、あらためて思ったのであります。

ジャルジャルさんに関したいままでのブログをまとめてみました。(同じようなことばかり書いているかもしれませんが・笑) 
新しい順です(^-^)/

「ジャルってんじゃねぇよ!」2015
「ギンギラ銀にシャリげなく」
ジャルさんとチュートさん
「あっぷくライブ」
「ジャル!!シティ!!」
「ジャル! シティ!」
「銀河系ルミネtheよしもと寄席」&「ジャルジャルくん」など
ジャルってんじゃねぇよ!
ネタネータコナコーナ
『営業100万回』
「ジャルってんじゃねぇよ!」
「おとといミーティング~ジャルジャルちゃん~vol.6」
「おとといミーティング ジャルジャルちゃん」
ジャルっ10じゃねぇよ!
ジャルジャルジャン!
ルミネでジャル&モンエン&ピース
5upよしもとゼロメンバー東京LIVE~0 crew~
金髪ジャルさん
いまのはなし
ジャルジャルさんDVD収録イベント
先週のよしもと
みっ!
らくがき
今夜は最後のM-1
ジャルジャルさん決勝進出!
『WE are base よしもと2010大×大×大感謝祭』
『ジャルジャル・イン・ロンドン』ジャルジャルさんがアビーロードを
キングオブコントとレッドシアター
ジャルジャルさん座長のお芝居ナイト
『ヒーローショー』
ルミネでジャルジャル
ビートルズ好きのジャルジャル後藤さん
ジャルジャルパン
ジャルジャル出演PV♪
髭剃りすべらしのジョージ
ジャルジャル下じき
キングオブコント2
キングオブコント
星はしごとノブコブパン

by makisetsu | 2015-12-06 22:21 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

「ジャルってんじゃねぇよ!」2015

b0109481_3225779.jpg11月中旬にジャルジャル全国ツアー2015「ジャルってんじゃねぇよ!」にいってきました。ルミネtheよしもと。立見も出ている盛況ぶりでした。

まだツアー中なので詳細を書くのは控えますが、始めのあたりと、感想をちょこっとだけ。

開演前にかかっていた曲のうち♪『ツイスト&シャウト』になったところで、ステージ両脇のモニターでの映像スタート! 
仲睦まじいカップルが映ります。
花柄ワンピの女性(福徳さん)に膝枕してもらう男性(後藤さん)。ほほえましいオープニングですが、この先どう展開していくのでしょう…。

さてステージにはサムライ姿の後藤さん。そこに転がるようにあらわれる、現代の若者姿の福徳さん。「タイムスリップしたんかーい!」という福徳さん。しかしじつは…あ、これ、コントの題がそのままネタばれになっているので、タイトルは書きません(笑)

こんな感じの1本目からラストまで、オール新ネタ! そして繰り広げられる数々のコントに、冒頭の映像のカップルのストーリーがからんでくる、という仕掛け。
そのストーリーたるや、かなりアイロニカルなつくりですが、ラスト近くはハートウォーミングな要素も入っていて、最後はそれをジャルさんの物販にもつなげるという(笑)しっかり計算され構成された「ジャルってんじゃねえよ!」、いやあ、すんごくおもしろかったです!
単独ライブで、ここまでの満足感を味あわせてくれるというのは、ほんとうにすごいこと!
そうそう、ブリッジの曲ではアニマルズの『ブンブンブン』とかクリームの『ホワイトルーム』などがかかっていて、そのしぶい感じがおしゃれだなあ♪と思いました。

b0109481_3283450.jpgところで8月のルミネには、「ギンギラ銀にシャリげなく」のほかに、終わりごろにジャルさんとチュートさんが出る日があったのでみにいったのでした。
チュートさんのネタは「写真」。ルミネに長年通ううち、このネタもかなりの回数みていますが、徳井さんの演じる男性のヘンタイぶり(笑)と福田さんの間のいいツッコミに、さらに磨きがかかってきた気がします。

ジャルさんのネタは「TAKAGI」。「ゥツァクァーギィ」と、なぜか外国人っぽい発音で呼ぶ(笑)友人(後藤さん)に、なんとか、ちゃんと「タカギ」と呼ばせようとする高木(福徳さん)。その二人のやりとりが愉快なコント。
ひとつのことを繰り返し重ねていく、という仕様のコントがわりとあるジャルさん。そういうネタって演技力が不足していると退屈になりがちですが、ジャルさんのはいつ見てもおもしろいので、おふたりの演技力は相当に優れているに違いありません(^-^)v

あ、「ギンギラ銀にシャリげなく」でみた3組-銀シャリさん、ハライチさん、ジャルジャルさん-はみんな「M‐1グランプリ2015」の決勝に残っているんですね。当日が楽しみです! もちろんジャルさんを応援しますです(^-^)/

by makisetsu | 2015-11-28 05:05 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)