<   2016年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

よいお年を!

いろいろあった1年でした…。

みなさまどうか、よいお年をおむかえください!(^-^)/

イエ~~~~~!!(サンシャイン池崎さん風に・笑)

by makisetsu | 2016-12-31 14:50 | その他 | Comments(0)  

『鳥のいる地球はすばらしい 人と生き物の自然を守る』

b0109481_60566.jpg国松俊英先生の『鳥のいる地球はすばらしい 人と生き物の自然を守る』(文溪堂)
(本のカヴァーより)
干潟の近くへ引っ越したのをきっかけに、干潟の保護や、そこに生息する鳥に興味を持ちはじめた著者。野鳥観察をするうちに、心が癒され、豊かになるだけでなく、鳥が自然環境の変化がわかる、環境の指標にもなっていることに気がつきます。
鳥や生き物を通じ、長年自然に向き合ってきた著者の活動をあますことなく描いた、一冊。

帯に「鳥と自然を見続けてきたノンフィクション作家・集大成の1冊」とある言葉そのままに、たいへん読み応えのある御作です。豊富な写真とともに、ご自身が描かれた「鳥の絵」や「密漁監視メンバーの人たちのイラスト」が掲載されているのも、お宝感たっぷり!
「勤めていた会社をやめ、児童文学の世界に飛びこんだ」決心をされたときのことが書かれている箇所も、とても印象的でした。

鳥にひかれていく経緯。いろいろな鳥の魅力。自然を守ることの大切さ。それらと重ねあわせて、「人生の生き方」「挑戦する勇気」「行動することの素晴らしさ」が、強く強く伝わってくる御本です(^-^)/

by makisetsu | 2016-12-30 06:15 | 新刊・教室・講演など | Comments(0)  

『夏の猫』

b0109481_552549.jpg北森ちえさんの『夏の猫』(国土社)
(本のカヴァーより)
海(かい)と舟(しゅう)、
いとこ同士のふたりとなっちゃんが、
夏の合宿で見つけた「ナツネコ」とは…。

あることがきっかけで、大好きなサッカーをやめてしまった海。
海と同じ5年生で、体が弱いけど勉強はよくできる、いとこの舟。
二人は呉の町で夏休みの合宿をし、二人より年上の超優秀な理系女子なっちゃんに、勉強をみてもらいます。

物語の前半、ゴミ袋でミニ気球をつくるシーンに、読者はワクワクするのではないでしょうか。
その気球が後半でどんなふうに活きてくるのかは、ぜひ御本でご覧くださいね。
瀬戸内の海を背景に、ふしぎな灰色猫をからめて、少年たちの冒険と成長が、みずみずしく描き出された物語です(^-^)/

by makisetsu | 2016-12-30 06:10 | 新刊・教室・講演など | Comments(0)  

『こぶたのタミー学校へいく』

b0109481_5431677.jpgかわのむつみさんの『こぶたのタミー学校へいく』。
『こぶたのタミー』(国土社)の続編です。
(本のカヴァーより)
なんでもしりたがり屋のタミー。
マキちゃんから学校のことをきいて、
目をかがやかせました。
「きめた。ぼくも学校にいくよ!」
えーっ? マキちゃんは、びっくり。
それに、ちょっとしんぱい。
だけど…。

マキちゃんといっしょに学校にいくことになったタミー。タミーはそこで幾つもの出会いをして、さまざまな体験をし、いろいろなことを考えます。
タミーにとって「はじめて」づくしの一日は、うれしかったり、かなしかったり、たのしかったり、たいへんだったり…。
そしてタミーと出会ったみんなもまた、新しい気づきを得ることに…! 

この御本を読むお子さんたちもきっと、こんなクラスメイトがいたらいいなって思うはず。
赤いバンダナのタミー、めっちゃかわいいです(^-^)/

by makisetsu | 2016-12-30 06:05 | 新刊・教室・講演など | Comments(0)  

SMAP×SMAP

すてきな夢とたくさんの元気を、
ほんとうに、ほんとうに、
ありがとうございました!!!!!

「世界に一つだけの花」
歌っているときの中居さんの指の動き(指を5本折って、そのあとバイバイ…)と、
歌い終わった後の5人のみなさんの表情が、かなしすぎました…。

番組中で流れたソフトバンクのCMのおとうさんワンちゃんと
まったく同じ気持ちです…「さよならじゃないよな」♪♪♪♪♪

by makisetsu | 2016-12-26 23:29 | 音楽・美術の感想など | Comments(0)  

モジャモジャルジャルデビューライブ

b0109481_2055454.jpg19日夜、モジャモジャルジャルデビューライブにいってきました。新宿ReNY。

「モジャモジャルジャル」は、もともと歌ネタが多いジャルジャルさんが、放送作家の倉本美津留さんとミュージシャンの福山芳樹さんと結成したグループです。

思っていたより本格的な音楽Liveで嬉しくなっちゃいました♪ 

コントで聴いていたおなじみの曲が、どれもクオリティ高くなっていてびっくり! 

それもそのはず、ヨシキング福山芳樹さんがすべての曲をアレンジなさったとか♪

b0109481_211454.jpgジャルファンと福山さんファンで埋まった会場は熱気にあふれ、寒い冬だということを忘れさせてくれるぐらい。

後藤さんが10年ほど前(?)につくったという『シャララ』は、なんかほっこりした曲でええなあ~♪ 

歌っている後藤さんが、ちょっと星野源さんっぽく見えました(^0^)

演歌歌手「しんぺい」(福徳さん)が歌い上げるのは、あの名曲「星はしご」。

b0109481_2124883.jpg歌いだしは一曲目、二曲目…とそれぞれ違う曲でも、結局行き着くところは「星はしご~」(笑) 
前からほんと、好きな曲です。

好きといえば、コント「葬式」の曲「虹色の思い出」も! 

友人の葬式で、二人(後藤さんと福徳さん)が亡き友に歌を捧げるというコントで、歌のノリがよければよいほど、オチもばっちり決まります。

DVDで何度も見ているのですが、今回、ほんとすごい迫力で、感動!


b0109481_21653.jpgそしてなんといってもHappyだったのは、後藤さんと倉本さんがハモる「If I Fell(恋におちたら)」を聴けたこと。おふたりとも、すてきでした~♪

ジャルジャルさんのLiveで The Beatlesを聴けるなんて! こんなに嬉しいことはありません(*^_^*)

約2時間、音楽とお笑いが融合した、とてもとても楽しいLiveでした。

ところで「THE BAWDIES×ジャルジャルの猪突猛進チュ~!!」のチケットは発売日に挑戦しましたが一瞬で完売、とることができなかったのがザンネン(--;)

「モジャモジャルジャル」、次のLiveも、どうかどうかありますように(^-^)/♪♪♪♪♪

by makisetsu | 2016-12-25 22:22 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

めりい☆くりすます

b0109481_23594957.jpg
今年の授業は23日まででした。


帰りにでぱあとによって、


けえきを~(*^_^*)


最近はほんとうに


かわゆいのがたくさんあって、

b0109481_015138.jpg


みているだけでも幸せな気分に~♪


めりい☆くりすます!


みなさまどうか、


よいクリスマスを(^-^)/☆☆☆☆☆

by makisetsu | 2016-12-24 00:05 | その他 | Comments(0)  

『エノケソ一代記』&『君の名は。』&『インフェルノ』

b0109481_5381681.jpg先週は『エノケソ一代記』にいってきました。作・演出 三谷幸喜氏。世田谷パブリックシアター。

喜劇王エノケン、榎本健一に憧れている男、田所(市川猿之助さん)は、「エノケソ一座」(『えのけそ』です・笑)を率いて、全国各地を巡業していました。

つまりニセモノなのですが、時は昭和三十年代、いまみたいにネットどころか、まだテレビもそんなには普及していなかった時代、気づく人はまずいません。

ばれたときは、「『ん』じゃなくて『そ』と書いてあるだろう」と開き直り(笑)、いよいよやばくなったらトンズラ、といった具合。

エノケンに心酔している田所は、その芸だけでなく、エノケンの人生の悲しみや苦しみ(息子の死、病気による手術など)も共有しようとします。それはもう、ほとんど狂気……。

そんな田所を支えているのは、浅野和之さん演じる、座付作家の蟇田一夫(ひきたかずお。菊田一夫じゃありません・笑)、奥さんの希代子(吉田羊さん)、ただひとりの座員、熊吉(春海四方さん)です。

ある年、博多のクラブで興行しているエノケソ一座。
するとそこに、本物のエノケンの最大のライバルである喜劇人古川ロッパ(三谷幸喜さん)がたまたま巡業地に居合わせ、なんと陣中見舞いにやってきたではありませんか。
さあどうする? エノケソ!
そして同じ頃、本物のエノケンをおそった運命とは……!

うわあ~! すばらしかったです! 猿之助さんのエノケソ!
エノケンが好きで好きで好きでたまらない……体ごと、心ごと、エノケンに魅入られてしまった男、田所。その男の魂の熱さが、凄みをもって伝わってくる舞台でした。
エノケソが『月光値千金』を歌うシーン、すてきだったなあ!
三谷さんの古川口ッパもすごくおもしろかったです!

Emiさん、今回もよいお席をとってくださって、ほんとうにどうもありがとうございました! 感謝です!


さて前回、水谷豊さんのLiveのことにちょっとふれましたが、それと同じように、行ったのにアップしていない舞台や映画や美術展、かなりあります(A^^;

先月観た映画から2本。

『君の名は。』。入れ替わりとタイムスリップの合わせ技! あと『黄泉がえり』も思い出しました。
電車のドアや家の引き戸の開け閉めが印象的。
ところで昨年のスヌーピーの映画のルーシー役のときも感心したのですが、この映画の四葉(主人公の妹)役も、谷花音ちゃん、すっごくうまいなあ! と思いました。

『インフェルノ』は、『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』と同じくロン・ハワード監督。
天使と悪魔』から 7年目。
トム・ハンクスはたくさんの映画に出ているので、私はたぶんそのうちの三分の一ぐらいしか観ていないと思いますが、このロバート・ラングドン役はとても好きです。知的でかっこいいから(笑)。

ちなみにトム・ハンクスの他の好きな映画についてはこちらにちょこっと。
あと一昨年でしたか、『ウォルト・ディズニーの約束』でのディズニー役も好きでした。あの年、『アナ雪』とほぼ同時期にやっていてどちらも観にいきましたが、客席の混み方にかなりの差がありましたっけ。

さてその知的でかっこいいラングドン教授ですが、今回はピンチの連続。のっけから記憶喪失だし、罠にはまりまくりだし、ハラハラドキドキしっぱなし。ストーリーはこちら
スピーディな展開が、とても楽しめた映画でした(^-^)/

今週は「モジャモジャルジャルデビューライブ」にいってきました♪♪♪♪♪
それについてはまた(^-^)/

by makisetsu | 2016-12-22 05:55 | 映画・舞台の感想など | Comments(0)  

ときめき2ショットヽ(^。^)ノ

風邪をひいています(A^^;

いやあそれにしても今年の芸能界はいろんなことが起こりすぎて…。
カイトくんのこと、驚いています…。

ところでブログにアップはしていませんが、昨年水谷豊さんのコンサートに私いってます♪今年4月の若大将のコンサートのステージでも右京さんを拝見、ドキドキ♪『相棒』はどのシーズンも(ミッチーのときがいちばん好きでしたが)欠かさずみています。今シーズンは、六角さんが降りてしまったのがさびしいなあ…。

b0109481_4535418.jpgさて先週の「M-1」で、いちばんときめいたのはこのシーンでした(^o^)

山内さん(かまいたち)と後藤さん(ジャルジャル)の2ショット!ヽ(^。^)ノ

敗者復活戦、ジャルジャルさんとかまいたちさんはもちろんのこと、東京ダイナマイトさん、とろサーモンさん、三四郎さん、ニューヨークさん、おもしろかったなあ! あ、マジカルラブリーさんも。

好きなコンビの方の優勝を願っているのは確かですが、でも最近はそれよりも、無事に「続けて」いてくださるのがなにより! と思っています。それって極楽の加藤さん風にいえば「当たり前じゃねーからな」(笑)。いやほんと、コンビを「続けて」、ファンを楽しませ「続けて」くださっているのは、とてもとても嬉しいこと!

7年前のハロバイさんの解散、かなしかったもんなあ…。
スーパーマラドーナさんはコンビ復活して今年は3位までいけて、ほんとうによかったです! そうそう銀シャリさんの「ドレミの歌」をきいて、カナリアさんの「ドレミの歌」も思いだしました。確か「レ」はレンコンアレルギー? とかいうんじゃなかったでしたっけ(笑) あれもほんとうにおもしろかったなあ!
「お笑い」は、心をほぐしてくれます。

でもって、来週はモジャモジャルジャルライブにいく予定なので、風邪を治します(^-^)/

by makisetsu | 2016-12-11 05:51 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)