『空色バレリーナ』発売♪

b0109481_8565318.jpg宣伝続きですみません(A^^;

『空色バレリーナ』(カドカワ学芸児童名作)が、23日に発売となりました。

私は小さいときからピアノを習っていましたが、ほんとうはバレエを習いたかったんですよね。そんな子どもの頃の夢を思いだしながら、描きました。
数年前、あるダンスカンパニーの公演に魅せられてから、ずっと書きたいなと思っていた作品です。

ストーリーは、もちろんフィクションですが、バレエ教室の取材にいったとき、その教室の生徒さん、そしてその生徒さんのお母さまからうかがったお話がヒントになっているシーンもあります。
取材中は、私自身もレッスンを受けたのであります。いやあ、足があがらん、カラダがカタイ(笑)

でも、この作品の主人公、はるかは、体がオモイなんてことはありません(^-^)v

<出版社さんの本の紹介文より>
遠い未来に向かって、いま、心をはばたかせる!

小学4年生の天音はるかは、ある日車にひかれそうになったおばあさんを助け、そのことがきっかけでバレエを学ぶことになります。はるかの精一杯バレエに打ち込む姿を通して自分らしく生きることの大切さを描きます。


表紙、すてきでしょう! よこやまようへいさんが、とてもかわいらしいイラストを描いてくださいました。感謝!!
物語の背景は現代で、3年生ぐらいのお子さんからお楽しみいただけます。
ちょっと懐かしめのテイストで書きましたので、お母さまにもgrandmaにも楽しんでいただけると思います。
同時発売の、西沢杏子さんの『青い一角の少年』とともに、どうぞよろしくお願い申し上げます♪♪♪

さて先週は、日比谷野外大音楽堂で『WE are base よしもと2010大×大×大感謝祭』を、今週は、天王洲銀河劇場で、小林賢太郎さまの『ロールシャッハ』を観てまいりました。
ただいま、ちょっとばたばたしていますので(A^^; その感想は、またあとで~(^-^)/

by makisetsu | 2010-11-25 08:59 | 新刊・教室・講演など | Comments(0)  

<< 『WE are base よし... 『キラメキ☆ライブハウス 2』発売♪ >>