『また あした』

b0109481_5523735.jpg鈴木初江さんの詩集『また あした』は、リーブルから出版されています。

表題作の「また あした」は、今日が明日に続くうれしさと、この先やってくるたくさんの明日への期待とよろこびを、胸に抱いている女の子の気持ちをうたった詩なんだなあ...と思いました。

拝読して私も、自分が小さな女の子だったときのことを思いだしました。

作者の鈴木さんは、詩集のあとがきで、こう書いていらっしゃいます。
「子どもたちのあしたが、確かなものでありますようにと、願わずにいられません」と。

「また あした」。すてきなことばですね(^-^)/

by makisetsu | 2011-02-14 05:53 | 新刊・教室・講演など | Comments(0)  

<< 『チャンスの神さま』 R-1 さっくん優勝! >>