よしもとあれこれ

b0109481_873117.jpg今週は、『お笑い一番星』を担当してくださっている編集さんのY嬢と、ルミネtheよしもとにいってまいりました。前から2列目の席でした(^-^)v

前説は南国姉妹さん。(前説のみは写真OK)

向かって左のかたは、なんと、シンガーのCoccoさんのご親戚だそうであります。


トップは、『お笑い一番星』の本のオビに推薦のコメントを寄せてくださっているはんにゃさん。

ステージに登場した途端、わーっ! という歓声があがります。
客席には、青森、秋田、宮城からの修学旅行の学生さん達が大勢いらしてたので、テレビによく出ている芸人さんには、歓声がすごかったです。

はんにゃさんのネタは、地方のテレビ中継で、アナウンサーの後ろで、ふざけて画面に入ってくるのだけど、いざインタビューを受けるとビビっちゃう少年、というアレ。

それと、コンビニでバイトしていて、入ってきた新人にいばっているのだけど、その新人が同郷の先輩だとわかると、急に「敬語」になってしまう、というアレ。

2つのコントのおいしいところを、さらりと演じていらっしゃいました。
金田さんはピカピカしているなあ。川島さんはあたたかな感じがするなあ。

2番目はLLRさん。3番目は2700さん。

次のフルーツポンチさんは、喜怒哀楽を「雨」であらわすネタ。
村上さんの豊かな表情には、目がクギづけになります~。

渡辺直美さん&国崎恵美さん&BMH~ばい菌持ってる鳩~さんは、チアガールのネタ。

一昨年のR-1チャンプ中山功太さんは出演されましたが、出演予定だった、昨年のR-1チャンプあべこうじさんが、変更で出られなかったのが、ちょっと残念。

でも、追加出演者が、伊勢丹チェックのCOWCOWさんだったので楽しかったです。
回文のネタでした。多田さんの笑顔を見ていると幸せな気分になります。

b0109481_882167.jpgそしてトリがサバンナさん。フルポンさんに「かわいーい!」というのと同じテンションで、修学旅行の女子達から「かわいーい!」という声がかかっていました。

ここのところ、毎回配られているトレーディングカードですが、今回はY嬢にチュートさんのカードが当たり! 
福ちゃんが好き」と話してあったので、Y嬢は私のカードと取り換えてくださいました。感謝です~!

そのチュートリアルさんをルミネに見に行ったのは先月。前から4列目の席でした。

M-1をとる前から好きだったチュートさんですが、人気が定着してからは、あまりライブにいっていませんでした。
でも、病後の福田さんの激やせぶりが心配だったので…確かめたかったのです。
あ、だいじょうぶだ、福ちゃん、と思いました。『声』がしっかりなさってたので、安心しました。声って、元気のバロメーターではないでしょうか。

b0109481_8101243.jpgその日は、アフリカから帰ってきたばかりの平成ノブシコブシさんがトップ。
そして、尾崎豊やミスチルの真似が絶妙の井上マーさん。
ブラマヨさん、博多華丸大吉さん、ほんこんさん&中川家礼二さん、と豪華メンバーが続き、トリがチュートさんでした。

休憩をはさんだ、よしもと新喜劇では、福山雅治さん似の大山さんが座長。
ほんこんさんは、こちらにも出演。
山田花子さんも出ていらっしゃいました。あ、カラテカの矢部くんも。
私的には、シベリア文太さんとチャド・マレーンさんを久しぶりに見ることができたのが嬉しかったです(^o^)

そういえば、その前のよしもとのことも書いていませんでしたね。

1番前の席でジャルジャルさんを見たのは、いつでしたっけ。
その日の前説はcatch!さんで、他の出演メンバーはというと。
博多華丸大吉さん。…...児玉清さんが急逝なさったのはショックでした…..合掌。
陣内智則さん。
南キャンさん。しずちゃん、オリンピックめざしてるんですね。すごいなあ!

そしてロザンさん。クイズ番組の宇治原さんが好きなので、前から見たいと思っていたのですが、ロザンさんのナマを見たのは、この日が初めてでした。ずっと前に一度、テレビで見たロザンさんの漫才は、ちょっと、あれ? という感じだったのですが、この日のコントは、おもしろかったです! 入院している少年を励ます、野球選手のコントでした。

ほんこんさん&中川家礼二さんの床屋さんのネタは、爆笑(^0^)
華丸大吉さんと、ほんこんさん&礼二さんは、先月も同じネタを見ましたが、何度見てもおもしろいです。特にほんこんさん&礼二さんのコントは、アドリブ満載でした。

こうして私のよしもと通いは、さらに続きます(笑)

先週は吾郎ちゃんの『ぼっちゃま』にいってまいりましたが、それについては、また今度(^-^)/

by makisetsu | 2011-05-18 08:35 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

<< 史上最高 西日本新聞で『お笑い一番星』が... >>