愛の讃歌

先週末、母が天に召されました。85歳でした。

母は甘いものがとても好きでした。
私は棺にお萩をふたつ入れました。

弟は『愛の讃歌』の楽譜を入れました。
まだ父も母も元気だった頃、ふたりはハモニカとピアノでいろいろな曲をduetしていましたっけ……。
父と母は若い頃(まだ私も弟も生まれる前のこと)米軍キャンプのステージで、父はアコーディオンとハモニカを、母はピアノを演奏していたのでした。

時が過ぎるのは、ああ、なんて早いことでしょう……。

母さん、天国で、父さんと仲良くね。
お萩ふたりで食べながら、あの頃のように、デュエットしてね♪


by makisetsu | 2012-09-26 00:33 | その他 | Comments(0)  

<< ありがとうございます! 『中央公論』10月号にルポを >>