『みずたまりぼっこ』

b0109481_7524542.jpgすずきはつえさんの『みずたまりぼっこ』は、この季節にぴったりのおはなしです。

おかあさんにお弁当をつくってもらったかんちゃんが、リュックをかついで、公園に遠足にいくところから始まります。
雨あがりの公園で、かんちゃんは、みずたまりぼっこに出会いました。
表紙に描かれているのがそのシーンです。
みずたまりぼっこって、なに? 
出会ったあと、どうなるのでしょう?
それはぜひ、御本をお手にとってご覧くださいね。

「ぐんぐん、ぴたぴた」「ごんごん、ばたばた」などのオノマトペがとても心地よく、ウキウキする楽しい絵本です(^-^)/

by makisetsu | 2013-06-09 07:55 | 新刊・教室・講演など | Comments(0)  

<< 『スノードームにさ・し・す・せ・そ』 ジャルってんじゃねぇよ! >>