雨のなかの子犬

b0109481_0142916.jpg今日は、選考委員の一員をつとめさせていただいている某シリーズの応募原稿の最終選考委員会があります。
自身が、投稿をきっかけにプロデビューできたということもあって、作品を選考させていただく任務というのはかなり緊張します。きちんと役目を果たさなければと思います。

そしてやはり選考委員の一員をつとめさせていただいている「長編児童文学新人賞」の第12回の発表が、ただいま発売中の「日本児童文学」5-6月号に掲載されています。
71頁に選考評を書かせていただきました。

72~73頁には、第13回「日本児童文学者協会・長編児童文学新人賞」の応募要項が掲載されています。どうぞご覧ください。

5-6月号の表紙絵、雨にぬれている子犬と、ふりかえっている女の子の表情が印象的です。
絵を描かれたひろかわさえこさんの「表紙のことば」が、「もくじ」の左下に載っています。
子どもの頃のおもいでを書かれたもので、そのなかの一文に、
「ついてくる子犬を飼えない切なさが、ずっと心に残っています」とあって、胸にしみました。

ふと、映画『ティファニーで朝食を』のラストシーンを思い出しました。
雨のなかで猫を抱くオードリー・ヘプバーン、きれいだったなあ(^-^)/

by makisetsu | 2013-06-25 00:38 | 新刊・教室・講演など | Comments(0)  

<< 男性合唱団 「公募ガイド」&「童話・お話の... >>