『こわ~いオバケ5つのお話』

b0109481_159332.jpg*選考委員、編集委員をつとめさせていただいた「ぞくぞく☆びっくり箱」シリーズ全5巻(日本児童文学者協会・編 文溪堂)の第2巻、『こわ~いオバケ5つのお話』が発売になりました。この巻には、私の作品も収録されています。

加藤純子さん作「世界でいちばん、こわいおばけ」
西美音さん作「ジンゴ」
牧野節子作「迷宮の怪物」
毛利まさみちさん作「ねだりわらし」
礒みゆきさん作「箱」

暑さもしばし忘れる、ぞっくぞくする、本当にこわ~いオバケ(@_@;)のお話の数々を、ぜひ楽しんでくださいね♪本シリーズはこのあとも、ひと月おきに刊行が続きます(^-^)/

*『子や孫に贈る童話100』に、あたたかなご感想のお言葉をおよせくださいました方々、
home page、blogでご紹介いただきました方々、ほんとうにどうもありがとうございます!
心より感謝申し上げます! お言葉を励みにして、いっそう精進してまいります。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます(^-^)/

*昭和女子大学オープンカレッジ「童話・お話の書き方」の「夏期講座」は7月19日(土)にスタートします♪童話を書いたことがないという方でも大丈夫ですよ。お待ちしています。
詳細はオープンカレッジに直接お問い合わせくださいね(^-^)/

by makisetsu | 2014-07-11 02:25 | 新刊・教室・講演など | Comments(0)  

<< 産經新聞で 『子や孫に贈る童話100』発売 >>