『ニンジャ・アベンジャーズ』

b0109481_1493054.jpg3月28日の封切日。三茶教室の帰りに渋谷に出て、『ニンジャ・アベンジャーズ』をみてきました (^-^)v ヒューマントラストシネマ渋谷。

スコット・アドキンスさんとケイン・コスギさんのダブル主演アクション映画。アイザック・フロレンティーン監督。

<ストーリー>
日本で甲賀流忍者の修行を極めたアメリカ人、ケイシー・ボウマン(スコットさん)は、甲賀道場の跡取り娘、武田波子と結婚し、平和な生活を送っていたが、ある夜彼が家を空けた隙に、何者かの襲撃を受け、波子はお腹に身籠ったケイシーとの子供と共に惨殺されてしまう。すべてに疲れたケイシーは、かつて甲賀道場で共に学び、今はタイのバンコックで道場を経営している兄弟子の中原(ケインさん)に誘われてタイへ渡る。ケイシーはそこで甲賀道場の武田師匠のライバルだった男の弟ゴローが、影の軍団を率いてミャンマーの麻薬密売組織を仕切っていることを知らされる。そしてゴローが使う武器こそ、波子を殺害したものと同じ鎖分銅だった。ケイシーは波子の仇を討つために単身ミャンマーへ向かうのだが…。

“消耗品として生きる男たちの壮絶な死闘を、日本、タイ、ミャンマーを舞台に描いた必殺無敵のノンストップ・バトルアクション”

後半のあらすじはネタバレになるので記しませんが、いやあ、もう、とにかく、ケインさんとスコット・アドキンスの格闘シーンが、パネエ!!\(◎o◎)/!!! 
その迫力、スピード感、繰り出される技の数々が、すごいすごいすごいすごいすごい! 
CGもワイヤーも使っていないとのこと。鍛え上げられた人間の体の、信じられないような動きに驚愕しました。「アクション・エリート賞 年間ベスト・アクション映画賞」を受賞したのも大いにうなずけます!

テイストは違いますが、ウン十年前に『燃えよドラゴン』での、リー(ブルース・リー)とハン(シ―・キエン)の最後の対決シーンをみたときのドキドキ感を思い出しました。そういえばあれも渋谷の映画館でみたんだったなあ…。

ケインさんは05年からハリウッドに進出。『DOA/デッド・オア・アライブ』『ローグアサシン』に出演。中国映画『燃えよ、マッハ拳!』でも準主演。去年はハリウッド映画『TEKKEN2:KAZUYA’S REVENGE』で初単独主演。今年は次の主演映画『MAXX』を撮影と大活躍。
目的に向かい努力を惜しまず、夢をひとつひとつ叶えていく、そのまっすぐな生き方が、ほんとうにすてきだなあと思います。

ところでアクション映画ということもあって、観客はほとんどが男性でしたが、終映後、声をかけてくださった女性が…あ! ケインさんのファンクラブイベントでよくお見かけする方じゃあーりませんか(^O^) 「かっこよかったですよねー!」と、映画館のロビーで、ケインさんのキレッキレのアクションを、ともに讃えたのでありました(^-^)/

by makisetsu | 2015-04-10 02:03 | 映画・舞台の感想など | Comments(0)  

<< 若大将のステージトーク ジャルさんとチュートさん >>