『うるう』ふたたび

b0109481_20304430.jpg先々週いってきました。小林賢太郎さんの『うるう』。KAAT 神奈川芸術劇場。

2011~2012年は、東京でのチケットがとれず、大阪まで『うるう』を観にいきましたが、今回は今月の横浜と、来年2月の下北のチケットも手に入れることができて、ほっ(^.^)v
 
賢太郎さまの舞台はどれも好きですが、『うるう』がいちばん好きです! 
そしてご自身の著書でも述べられているように、同じ舞台でも毎回「更新」されているとのこと。私、記憶力に自信がないので(A^^;はっきりしたことはいえませんが、今回、人物の背景が、前よりいっそうくっきりしていたように思いました。
設定のきめ細かさ。人物の心情の奥深い描写。ちりばめられた上質な笑い。胸をつくラスト。ああ、ほんとうにすばらしい!

大阪の舞台から3年10か月ぶり。ヨイチさんと少年マジルくんにまた逢うことができてHappy! そしてまた来年、本多劇場でも観ることができるなんて、嬉しくてしかたがありません。その2月には、少年の視点から描いた絵本『うるうのもり』も発売とのこと。賢太郎さま初めての絵本! めちゃ楽しみです~(^-^)/

by makisetsu | 2015-12-31 20:36 | 映画・舞台の感想など | Comments(0)  

<< 『I Love スヌーピー』 『ここから物語がはじまる』 >>