『猫年2月30日』

b0109481_08230593.jpg今日で2月は終わりですね。でも、猫年には2月30日も? 

西沢杏子さんが「ねこ新聞」に掲載なさった物語をまとめられた一冊『猫年2月30日』(てらいんく)

<本の帯より>

ちょっぴり不思議でほろ苦い、ありそうでない、ないけどありそうな、猫年、2月30日の物語。
家主が亡くなった猫屋敷でつやつやの毛並みを保つ猫たち、バーで孤独にグラスを傾ける竜之介、静かな森でおばあさんと暮らすイカダ――。猫たちの十猫十色の生き様を描く掌篇集。

ページをめくると、四季折々の風が吹いてきます。8つのおはなしが、かなしくせつなくあたたかく、心に沁みる御本です。猫好きの方はもちろんのこと、生きとし生けるものをいとおしむ方はぜひ(^-^)/


by makisetsu | 2018-02-28 08:34 | 新刊・教室・講演など | Comments(0)  

<< NHK青山教室「童話・お話の書... 京南大学の若大将 >>