マツモトクラブさん『ゆうやけ空』

b0109481_01224923.jpgマツモトクラブさんの単独ライブ『ゆうやけ空』。

6月2日()にいってきました。

新宿シアターモリエール。

とても混んでいましたが、入場整理番号40と、わりと若い番号をとっていたので、前から2列目の席に、端のほうですが座ることができました。小林賢太郎さんもジャルジャルさんも一番前の列で見たことがありますが、マツクラさんをこんなに近くで見るのははじめて、ワクワク!(ホントにミーハー・笑)

19時過ぎにLiveスタート、マツクラさん登場。なんか芸人さんとは思えないような控えめなたたずまいがすてき! コント祭りのはじまりはじまり~。


「のどじまんマンボ」 美空ひばりさんの『お祭りマンボ』を歌うおじさん(マツクラさん)のチャーミングなこと♪ワッショイワッショイワッショイワッショイ、そーれそれそれお祭りだあ~(^o^)丿

「郁代」 さっくんのライブのゲストのときに見たネタです。言葉の扱い方がほんとうに見事!

「ストレス」 ストレスを解消しようとバッティングセンターにきたサラリーマン。でも、でもでもでもでも?

b0109481_01274857.jpg「ドリンクバー」 学生野球の監督が、ある選手のお母さんから「話がある」と呼び出されてファミレスに

今回いちばん長尺のネタでした。ピン芸人さんのマツクラさんのひとりコントは、事前に録音したセリフにあわせてナマでセリフを言い、進めていく、というかたちのもの。長い時間でのやりとりになるとたいへんだと思うのですが、ストーリーにマッチした曲をバックに録音し、その曲で間を計っていらっしゃるのでしょうね。Classicからtrfまで~♪聴いているのも楽しく、最後の監督の「サイン」が、ばっちり決まったコントでした。 


「あおき」 仕事終わりの男性に、「いっしょに帰ろうよ~」と言ってくる会社の同僚。しかしひとりで帰りたい男性は、必死で嘘の言い訳を考えるのですが

「まさし」 腹話術の人形! 「アナ雪」~♪ カラフルな風船~☆と、あまりマツクラさんぽくない(?)ネタで、単独Liveならでは、という感じで、すごくすごく楽しくかったです\(^o^)


NEKO落語「猫の皿」のマツクラさん風アレンジ。骨董屋さんという設定の男性のお洋服、特にジャケットがすてきでした~(*^_^*)

b0109481_01574306.jpg「むらこし」 昭和歌謡のかかるお店。このお店が大好きな常連のむらこしさん。今日も飲みにやってきました。でもむらこしさんはその日、お店の人に言い渡されてしまうのです。かなしい通告を……

このネタ、好きです。むらこしさんみたいな人、いるだろうなあわるい人じゃないんだからさあ、ゆるしてあげてよ~、と言いたくなるラスト。

「こうしろう」 かなしくもおかしくあたたかなお葬式ネタでした。


人間の「しようもない部分」を優しくみつめ、おもしろく描きながらも、せつなさ、やるせなさを滲ませ、たっぷりの「哀愁」を漂わせる、その手腕がすばらしいマツクラさん! マツモトクラブさんのLive、またみにいきたいです(^-^)/


ところでその前日()は、『バリーターク』にいきました。それについてはまた(^-^)/


by makisetsu | 2018-06-04 02:33 | お笑い・TVの感想など | Comments(0)  

<< エアコンから氷が~! NHK 夏休み 子ども 作文・... >>