『絶叫のとびら』に「バラの王女」を

b0109481_00125224.png日本児童文学者協会・編「5分ごとにひらく恐怖のとびら『百物語』」(文溪堂)は、公募の入選作品と依頼作品をあわせて百話で構成された、全5巻のシリーズです。

その1巻と2巻が今月発売! 私は1巻目『絶叫のとびら』に「バラの王女」を書かせていただきました。ラスト20話目に収載されています。お手にとって読んでいただけましたらうれしいです

<内容紹介>5夜にわたって語られるのは、短編5、ショートショート15の計20の怖い話 1話ごとに忍び寄り、20話ごとに扉をあけて更に近づく恐怖の影。百話目に何かが起きる?現代の百物語、第1夜は絶叫の扉がひらきます。

<著者について>

編者:日本児童文学者協会
装画・挿絵:玉村ヘビオ氏
著者:阿刀田高氏、最上一平氏、軽部武宏氏、東野司氏、藤真知子氏、小川英子氏、牧野節子他

8月末に3巻、10月末に4巻、12月末に5巻が刊行予定とのことです。ぜひ5巻揃えてお楽しみくださいませ。


by makisetsu | 2018-07-09 00:38 | 新刊・教室・講演など | Comments(0)  

<< みなとみらい夏休み子ども作文・... 『パパのファミレスを救え!』 >>